ナンパで最高の仲間を手に入れたい。

ナンパ師エイジがお茶の国でストリートナンパ。

最近1番ナンパ師ぽかった1日

Twitterアカウントを作成し、お茶クラスタの一員を気取りだして2ヶ月がたった。

ナンパノックに挑戦してみたり、味噌の国へ遠征してみたりする中で多くのナンパ師と知り合うことができ、自分もナンパの世界に踏み込んだことを実感できた。

その一方、自分よりキャリアが長くナンパも上手い先輩方と接することで、『本当に僕はナンパ師を名乗れるほどナンパの腕があるのか?』、『僕がしていることは野生のナンパと大差ないのでは?』という思いも抱くようになった。

近づいたと思ったら遠ざかる。まるで果てしない道を歩き始めてしまったかのような感覚だ。

 

そもそも僕の思う「ナンパ師」とはなんだろうか。今まで特に目標もなく活動してきたせいか、明確なゴールが見えない。「なぜナンパするのか?」「ナンパして自分がどうなりたいのか?」。考え出すとキリがない。

 

原点回帰しよう。

そもそもなぜナンパを始めようと思ったのか、何に憧れてナンパを始めたのか?

自らを振り返ってみると答えは案外簡単に出た。

 

エイジは女の子が好きだ。それ以上に魅力的な人たちとの出会いが好きだ。

ナンパをすればもちろん多くの女の子に出会える。でも本当に出会いたかったのは、一緒にナンパをする魅力的な同士なんだと思う。

魅力的な同士と出会うためには自分も魅力的なナンパ師でなければならない。

 

では、いったいどんなナンパ師が魅力的なのか?

最も簡単にそのナンパ師の魅力を表せる指標はゲット数だろう。多くの女性を抱いている人はやはりそれだけの魅力がある。

でも1番は、楽しんでいるかどうかだと思う。楽しそうな人はそれだけで魅力的だ。心底ナンパを楽しむ。そこに僕の理想はある。

 

結論。

これからは数も追いかけようと思う。

お茶のストリートだけで月に5ゲットはしたい。(遠征やネトナンはカウントに入れずに)

そして、ナンパを全力で楽しむ。僕はナンパが好きだ。でも周りの目や建前、余計なしがらみを必要以上に気にしてしまいナンパに支障をきたすことがちょくちょくある。

余計なことは考えず純粋にナンパに向き合い楽しみたい

 

 

前置きが大変長くなりましたが、こんなナンパ師見習い的な感じで活動してるエイジが最近1番『あれ?今日のおれナンパ師っぽくない?』って感じた日のお話。

 

 

 

 

 

 

8月某日

 

f:id:dyingbreed0326403:20170828144536j:image

 

地獄の出勤ノックのせいで活動が制限されていたため(学生のくせに)、久しぶりに完ソロでオールストでもしようと思い出撃。

 

 

19時)

 

お茶駅に降り立つ。

『人少なくね?』

この日は日曜日。にもかかわらず平日よりも人が少ない…

とりあえずサージング。

しかし、久しぶりのソロのせいか地蔵する。

ただでさえ人が少ない上に地蔵していたためまったく話にならない。

 

 

 

19時半)

 

そんなエイジのもとに悪魔のささやき(1通のLINEメッセージ)が。

 

?「友達と22時過ぎから約束あるんだけど、それまで呑まない?」

エ「呑む!」

 

この子は2週間程前に、僕が彼女にフラれ怒りのストをしていた時に番ゲした子だ。

エイジと同い年のアパレル店員。客観的にスト値をつけたら6程度だが、エイジにはどストライクなルックスのためエイジ値は7.5である。

 

f:id:dyingbreed0326403:20170828204024p:image

 

さっきまで完ソロ云々言ってたくせに圧倒的変わり身の早さ…

こんなんだからナンパ師もどきなんだよ…

 

 

 

20時)

 

アパレル子と合流。

ご飯食べたいとのことだったので鳥料理専門店に入店。

 

ハイボールで乾杯して色々と話す。

アパレル子はふとした瞬間の表情が滝沢カレンに似てる。(もちろんあんな変な日本語を喋ったりはしないw)

f:id:dyingbreed0326403:20170828151246j:image

以下カレンにしますね笑

(ちなみにエイジはハーフ顔に目がないです)

 

カレンはめっちゃよく笑う女の子ですごく楽しそうに話す。

笑いのツボや価値観、恋愛観、趣味に至るまで、ありとあらゆる共通点が見つかる。

『もう付き合いたい…』

 

もはやラポールを形成してるのかされてるのかわからないレベルに笑

『この子になら即られてもええわ…』

 

勝手に仕上がるエイジ。

 

 

 

22時半)

 

退店。

 

特にトークの構成も考えずに楽しくおしゃべりしただけ。

カレンはこの後駅で友達と待ち合わせということで駅まで送る。

ハンドテストを試みるも彼氏いるグダ。しかし反応は悪くなかったため次回のアポの約束をして健全解散。

 

「今の彼氏と付き合ってなかったら絶対落ちてたと思う」だってさ笑

 

真剣に寝取りたい…

 

 

 

23時)

 

カレンを送り届けスト再開。

 

f:id:dyingbreed0326403:20170828153902j:image

『誰もおらんやん!』

 

楽しくアポってたらいつの間にか街が死んでました…

 

 

 

23時半)

 

駅前に移動して声掛け。

2声掛け目でスーツケースを引きずる女の子に声掛け。以下スーツケース子。

 

スーツケース子

20歳/学生/スト値4/横顔がちょっとだけ桜井日奈子

 

 

エ「おつかれ。スーツケース抱えて夜逃げでもするの?」

ス「これから帰るんです。」(まったく目を合わせてくれない)

エ「帰るって東京?もう電車無いけどどうやって帰るん?バス?」

ス「バスです」

エ「何時に出るの?」

ス「5時です」

エ「5時?あと5時間以上あるやんwおれも終電逃したから一緒に行きつけのジャンカラ行こう!」

 

 

めっちゃ反応悪いけど連れ出せる。

 

ス「旅先で財布落としちゃって明後日郵送されてくるから身分証無いんですよね。カラオケって年確されますよ」

案の定ジャンカラに入店できず…

仕方なく別のカラオケin。

 

 

入室後さっそく友達に電話をしにいくスーツケース子。1人放置されるエイジ…

あまりにも暇なので先日の味噌遠征で番ゲした女の子に来月の遠征時にアポを取り付けるために電話。

『女の子に放置されてもすぐに他の女の子に連絡できるってナンパ師の利点だよね』

なんとなく自分がナンパ師であることを噛み締めるエイジ。

 

 

電話中に部屋に戻ってくるスーツケース子。一旦退室して電話を切り部屋に戻るとなぜか食い付きが上がっている。その後対面でしっかり相手の目を見つめながら自己開示。

 

勝手に仕上がる。

 

対面から隣に移動しノーグダで即。

声掛けから連れ出しまではほとんど食い付きがなく厳しい戦いになると思っていたためノーグダは予想していなかった。

その後、朝5時まで歌って解散。

けっきょくお互いの名前も知らないまま。(これもナンパ師っぽいですよね笑)

もう2度と会わないだろうけどお互いに笑顔で「またね」と手を振った。

 

 

 

この日は、アポ、メンテ、即とエイジにしては珍しくナンパ師っぽい活動しまくってました。

まあ地蔵しまくったり非モテコミットでアポに臨んだりと、割とナンパ師としてどうなんだ?っていう部分も多かったんですけど久々にソロで楽しく活動できました。

 

 

そういえばTwitterで即報をあげる際に、「自己顕示欲発散中」っていうハッシュタグつけるようにしてるんですけど、そもそも即数が少ないから即のたびにテンション上がってつけ忘れがちw

みなさん、マネしてもいいですよ笑(絶対流行らない)

f:id:dyingbreed0326403:20170828202746j:image

 

 

 

読み返せば読み返すほどタイトルと中身がマッチしてないブログですね笑

「野生に毛の生えた程度のナンパ師」っていう言葉を以前とあるナンパ師の方から聞いたことがあるけど、まさに今のエイジやんwww

f:id:dyingbreed0326403:20170828203622j:image

 

 

おわり